スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄なことはするな

"Fukushima’s doses tallied : Nature News & Comment" ( http://bit.ly/N9IB1j )Studies indicate minimal health risks from radiation in the aftermath of Japan’s nuclear disaster.

Few people will develop cancer as a consequence of being exposed to the radioactive material that spewed from Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant last year — and those who do will never know for sure what caused their disease. These conclusions are based on two comprehensive, independent assessments of the radiation doses received by Japanese citizens, as well as by the thousands of workers who battled to bring the shattered nuclear reactors under control.

The first report, seen exclusively by Nature, was produced by a subcommittee of the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) in Vienna, and covers a wide swathe of issues related to all aspects of the accident. The second, a draft of which has been seen by Nature, comes from the World Health Organization (WHO) in Geneva, Switzerland, and estimates doses received by the general public in the first year after the accident. Both reports will be discussed at UNSCEAR’s annual meeting in Vienna this week.

The UNSCEAR committee’s analyses show that 167 workers at the plant received radiation doses that slightly raise their risk of developing cancer. The general public was largely protected by being promptly evacuated, although the WHO report does find that some civilians’ exposure exceeded the government’s guidelines. “If there’s a health risk, it’s with the highly exposed workers,” says Wolfgang Weiss, the chair of UNSCEAR. Even for these workers, future cancers may never be directly tied to the accident, owing to the small number of people involved and the high background rates of cancer in developed countries such as Japan.

Scientists involved in producing the UNSCEAR report hope that their independent summary of the best available data could help to dispel some of the fear about fallout that has grown over the past year (see Nature 483, 138–140; 2012). As well as providing a preliminary assessment of workers’ exposure, the UNSCEAR report concludes that the Japanese government’s estimate of the radiation released was correct to within a factor of ten, and that further study is needed to fully understand the impacts of the accident on plants, animals and marine life near the power station. When a final version of the report is approved by the full UNSCEAR committee next year, it should provide a useful baseline for future studies.

The Fukushima crisis began on 11 March 2011, when a magnitude-9.0 earthquake triggered a tsunami off the coast of Japan. A 14-metre wave flooded four of the six reactors at the Fukushima Daiichi plant, knocking out emergency cooling systems and leading to meltdowns and explosions that released radioactivity into the air and ocean. In the year since the accident, the plant has been stabilized, and radioactive emissions have largely stopped.

Around 170 of Fukushima’s workers have a slightly elevated risk of cancer due to their radiation exposure.

Few people will develop cancer as a consequence of being exposed to the radioactive material that spewed from Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant last year — and those who do will never know for sure what caused their disease. These conclusions are based on two comprehensive, independent assessments of the radiation doses received by Japanese citizens, as well as by the thousands of workers who battled to bring the shattered nuclear reactors under control.

The first report, seen exclusively by Nature, was produced by a subcommittee of the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) in Vienna, and covers a wide swathe of issues related to all aspects of the accident. The second, a draft of which has been seen by Nature, comes from the World Health Organization (WHO) in Geneva, Switzerland, and estimates doses received by the general public in the first year after the accident. Both reports will be discussed at UNSCEAR’s annual meeting in Vienna this week.

The UNSCEAR committee’s analyses show that 167 workers at the plant received radiation doses that slightly raise their risk of developing cancer. The general public was largely protected by being promptly evacuated, although the WHO report does find that some civilians’ exposure exceeded the government’s guidelines. “If there’s a health risk, it’s with the highly exposed workers,” says Wolfgang Weiss, the chair of UNSCEAR. Even for these workers, future cancers may never be directly tied to the accident, owing to the small number of people involved and the high background rates of cancer in developed countries such as Japan.

Scientists involved in producing the UNSCEAR report hope that their independent summary of the best available data could help to dispel some of the fear about fallout that has grown over the past year (see Nature 483, 138–140; 2012). As well as providing a preliminary assessment of workers’ exposure, the UNSCEAR report concludes that the Japanese government’s estimate of the radiation released was correct to within a factor of ten, and that further study is needed to fully understand the impacts of the accident on plants, animals and marine life near the power station. When a final version of the report is approved by the full UNSCEAR committee next year, it should provide a useful baseline for future studies.

The Fukushima crisis began on 11 March 2011, when a magnitude-9.0 earthquake triggered a tsunami off the coast of Japan. A 14-metre wave flooded four of the six reactors at the Fukushima Daiichi plant, knocking out emergency cooling systems and leading to meltdowns and explosions that released radioactivity into the air and ocean. In the year since the accident, the plant has been stabilized, and radioactive emissions have largely stopped.

From last autumn, UNSCEAR has been reviewing all the available data on Fukushima’s radiation — just as it did to produce what was then the definitive report on the 1986 Chernobyl nuclear accident. In particular, it scoured anonymized medical data for 20,115 workers and contractors employed by the Tokyo Electric Power Company, which runs the plant. It found that 146 employees and 21 contractors received a dose of more than 100 millisieverts (mSv), the level at which there is an acknowledged slight increase in cancer risk. Six workers received more than the 250 mSv allowed by Japanese law for front-line emergency workers, and two operators in the control rooms for reactor units 3 and 4 received doses above 600 mSv, because they had not taken potassium iodide tablets to help prevent their bodies from absorbing radio­active iodine-131 (see ‘In the zone’). So far, neither operator seems to have suffered ill effects as a result of their exposure.
Expand

Source: UNSCEAR, WHO & METI

Most of the workers who received high doses were exposed in the early days of the crisis. In those first hours, they were huddled in darkened control rooms, while small teams made forays inside the reactor buildings to survey the damage and manually operate valves and other equipment. Often, they did not know how much radiation was present — the report says that an automated system designed to monitor their radiation levels was not operating properly. By mid-April, basic access control and monitoring had been restored on the site.

Experts agree that there is unlikely to be a detectable rise in thyroid cancer or leukaemia, the two cancers most likely to result from the accident. “There may be some increase in cancer risk that may not be detectable statistically,” says Kiyohiko Mabuchi, who heads Chernobyl studies at the National Cancer Institute in Rockville, Maryland. In Chernobyl, where clean-up workers were exposed to much higher doses, 0.1% of the 110,000 workers surveyed have so far developed leukaemia, although not all of those cases resulted from the accident.

The risk to the roughly 140,000 civilians who had been living within a few tens of kilometres of the plant seems even lower. Because detailed radiation measurements were un­available at the time of the accident, the WHO estimated doses to the public, including radiation exposure from inhalation, ingestion and fallout. The agency concludes that most residents of Fukushima and neighbouring Japanese prefectures received a dose below 10 mSv. Residents of Namie town and Iitate village, two areas that were not evacuated until months after the accident, received 10–50 mSv. The government aims to keep public exposure from the accident below 20 mSv per year, but in the longer term it wants to decontaminate the region so that residents will receive no more than 1 mSv per year from the accident.

The WHO’s calculations are consistent with several health surveys conducted by Japanese scientists, which found civilian doses at or below the 1–15-mSv range, even among people living near the plant. One worrying exception is that infants in Namie town may have been exposed to enough iodine-131 to receive an estimated thyroid dose of 100–200 mSv, raising their risk of thyroid cancer. But data collected from 1,080 children in the region found that none had received a thyroid dose greater than 50 mSv. Chernobyl’s main cancer legacy in children was thyroid cancer.

Fearful and angry

The large population involved could mean that the eventual number of radiation-induced cancers among the public will actually be higher than among workers, even though the risk to each individual civilian is tiny, says David Brenner, a radiologist at Columbia University in New York city. But he doubts a direct link will ever be definitively made. Under normal circumstances, “40% of everybody will get cancer”, he says. “It doesn’t seem to me that it’s possible to do an epidemiological study that will see an increased risk.” Still, it may be valuable to conduct studies to reassure the population that they are not being misled, he adds.

A far greater health risk may come from the psychological stress created by the earthquake, tsunami and nuclear disaster. After Chernobyl, evacuees were more likely to experience post-traumatic stress disorder (PTSD) than the population as a whole, according to Evelyn Bromet, a psychiatric epidemiologist at the State University of New York, Stony Brook. The risk may be even greater at Fukushima. “I’ve never seen PTSD questionnaires like this,” she says of a survey being conducted by Fukushima Medical University. People are “utterly fearful and deeply angry. There’s nobody that they trust any more for information.”

Overall, the reports do lend credibility to the Japanese government’s actions immediately after the accident. Shunichi Yamashita, a researcher at Fukushima Medical University who is heading one local health survey, hopes that the findings will help to reduce stress among victims of the accident. But they may not be enough to rebuild trust between the government and local residents. Tatsuhiko Kodama, head of the radioisotope centre at the University of Tokyo and an outspoken critic of the government, questions the reports’ value. “I think international organizations should stop making hasty reports based on very short visits to Japan that don’t allow them to see what is happening locally,” he says.

UNSCEAR’s working committee of roughly 70 scientists still has much to do before the final report is completed. Committee members will continue to independently validate sources of data from the accident and work on models of the flow of radio­isotopes from the reactors into the environment. For the workers, “individual medical follow-up is more important than the statistical follow-up”, Weiss says. “People want to know whether what we say is true.”

「福島の服用量は次のものを符合させました:
自然ニュース&コメント」(http://bit.ly/N9IB1j)研究は、日本の核災害の後の放射線からの最小の健康の危険を示します。


昨年、日本の福島ダイイチの原子力発電所から噴出した放射性物質にさらされる結果として癌になる人々はほとんどいません。また、行う人々は、何が彼らの疾病を引き起こしたか確実には知らないでしょう。
これらの結論は、粉砕された原子炉を抑えつけるために戦った労働者の何千と同様に日本人市民によっても受け取られた放射線量の2つの包括的で独立した評価に基づきます。
もっぱらネイチャーに見られた最初の報告書は、ウィーンで原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の小委員会によって作られ、事故のすべての面と関係する問題の広い一包みをカバーします。
2位、ドラフト、ネイチャーに見られており、ジュネーブ(スイス)で世界保健機構(WHO)から入り、事故の後の最初の年に一般大衆によって受け取られた服用量を推定します。
両方の報告書は今週、UNSCEARのウィーンの年次会議で議論されるでしょう。
UNSCEAR委員会の分析は、プラントの167人の労働者が癌になる危険をわずかに高める放射線量を受け取ったことを示します。
何人かの民間人の接触が政府のガイドラインを超過したことがWHOの報告書は分かりますが、一般大衆は速やかに撤退させられることにより大部分は保護されました。
「健康の危険がある場合、それは高度に露出した労働者とあります」とヴォルフガンク・ワイス(UNSCEARの椅子)が言います。
これらの労働者のためにさえ、将来の癌は、含まれていた少数の人々、および日本のような先進国の癌の高い背景割合に起因する事故に直接結び付けられないかもしれません。

最良の利用可能なデータのそれらの独自の要約が支援することができるUNSCEAR報告書希望の生産に関与する科学者は、去年(ネイチャー483(138?140)を参照; 2012)にわたって成長した降下に関する恐れのうちのいくらかを払拭します。
労働者の接触の初期評価の提供と同様に、UNSCEAR報告書は、日本政府のリリースされた放射線の評価が正確だったと結論を下します、に、10の因数およびその詳細検討内に、完全に発電所の近くの植物、動物および海洋生物への事故の影響を理解するために必要です。
報告書の最終版が来年、十分なUNSCEAR委員会によって承認される場合、それは将来の研究のために有用な基線を提供するべきです。
福島危機は2011年3月11日(このときマグニチュード-9.0地震は日本の沖合の津波を引き起こした)に始まりました。
14メーターの波は、緊急冷却システムを打ち、大気と海洋へ放射能をリリースした炉心溶解および爆発に結びついて、福島ダイイチ・プラントで6つのリアクターのうちの4つを氾濫させました。
事故以来のその年で、プラントは安定させられました。また、放射性排出物は大部分は止まりました。


昨年、日本の福島ダイイチの原子力発電所から噴出した放射性物質にさらされる結果として癌になる人々はほとんどいません。また、行う人々は、何が彼らの疾病を引き起こしたか確実には知らないでしょう。
これらの結論は、粉砕された原子炉を抑えつけるために戦った労働者の何千と同様に日本人市民によっても受け取られた放射線量の2つの包括的で独立した評価に基づきます。
もっぱらネイチャーに見られた最初の報告書は、ウィーンで原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の小委員会によって作られ、事故のすべての面と関係する問題の広い一包みをカバーします。
2位、ドラフト、ネイチャーに見られており、ジュネーブ(スイス)で世界保健機構(WHO)から入り、事故の後の最初の年に一般大衆によって受け取られた服用量を推定します。
両方の報告書は今週、UNSCEARのウィーンの年次会議で議論されるでしょう。
UNSCEAR委員会の分析は、プラントの167人の労働者が癌になる危険をわずかに高める放射線量を受け取ったことを示します。
何人かの民間人の接触が政府のガイドラインを超過したことがWHOの報告書は分かりますが、一般大衆は速やかに撤退させられることにより大部分は保護されました。
「健康の危険がある場合、それは高度に露出した労働者とあります」とヴォルフガンク・ワイス(UNSCEARの椅子)が言います。
これらの労働者のためにさえ、将来の癌は、含まれていた少数の人々、および日本のような先進国の癌の高い背景割合に起因する事故に直接結び付けられないかもしれません。
最良の利用可能なデータのそれらの独自の要約が支援することができるUNSCEAR報告書希望の生産に関与する科学者は、去年(ネイチャー483(138?140)を参照; 2012)にわたって成長した降下に関する恐れのうちのいくらかを払拭します。
労働者の接触の初期評価の提供と同様に、UNSCEAR報告書は、日本政府のリリースされた放射線の評価が正確だったと結論を下します、に、10の因数およびその詳細検討内に、完全に発電所の近くの植物、動物および海洋生物への事故の影響を理解するために必要です。
報告書の最終版が来年、十分なUNSCEAR委員会によって承認される場合、それは将来の研究のために有用な基線を提供するべきです。
福島危機は2011年3月11日(このときマグニチュード-9.0地震は日本の沖合の津波を引き起こした)に始まりました。
14メーターの波は、緊急冷却システムを打ち、大気と海洋へ放射能をリリースした炉心溶解および爆発に結びついて、福島ダイイチ・プラントで6つのリアクターのうちの4つを氾濫させました。
事故以来のその年で、プラントは安定させられました。また、放射性排出物は大部分は止まりました。
昨秋から、UNSCEARは、福島の放射線上の利用可能なデータをすべて調査しています-ちょうどそれがそのとき1986年のチェルノブイリ原発事故に関する決定的な報告書だったものを生産するために行ったとともに。
特に、それは、東京電力に雇用された20,115人の労働者および契約者のために変名になった医療データを磨きました。それはプラントを実行します。
それは、146人の従業員および21人の契約者が服量((定評あるわずかな増加が癌のの危険にあるレベル))100を超えるmillisieverts(mSv)を受け取ることを知りました。
6人の労働者が、前線の緊急作業員のための日本の法律によって許可された250?mSvを越えるものを受け取りました。また、それらがそれらの身体がradio?activeなヨウ素131を吸収するのを防ぐのを支援するためにヨウ化カリウム錠を服用していなかったので、リアクター・ユニット3および4のための調整室の2人のオペレーターが、600?mSvの上の服用量を受け取りました(「ゾーンで」参照)。
これまでのところ、どちらのオペレーターも、彼らの接触の結果害を受けたようには見えません。

高用量を受け取ったほとんどの労働者は危機の初期の時期に露出されました。
それらの最初の時間で、小さなチームが損害を調査し、かつ手動でバルブおよび他の装置を操作するために原子炉建屋の内部の侵略をした一方、それらは暗くなった調整室でごちゃごちゃ集められました。
しばしば、それらは、どれだけの放射線が存在するか知りませんでした。その報告書は、それらの放射能レベルをモニターすることを目指した自動システムが適切に作動していなかったと述べます。
4月中旬までに、基礎的なアクセス・コントロールおよびモニターはサイト上で回復されました。
エキスパートは、甲状腺癌または白血病の検知できる上昇(事故に起因するであろう2つの癌)が恐らくないことに合意します。
「統計的に検知できてはならない癌の危険にある増加があるかもしれません」とKiyohiko Mabuchi(この人はロックヴィル(メリーランド)で国立癌研究所でチェルノブイリ研究を率いる)は言います。
チェルノブイリ(掃除労働者ははるかに高用量にさらされた)では、それらの場合のすべては事故に起因するとは限りませんでしたが、調査された110,000人の労働者の0.1%はここまで白血病になりました。

少数内にプラントの何十ものキロメートルを実践していたおよそ140,000人の民間人への危険は、さらに低く見えます。
詳細な放射線測定が事故の時にun?availableだったので、WHOは吸入、食物摂取および降下からの放射線被曝を含む公への服用量を推定しました。
その機関は、福島および近隣の日本の県のほとんどの居住者が10?mSvより下の服用量を受け取ったと結論を下します。
Namie町およびIitate村の居住者、2つのエリア、それは事故の後の数か月まで撤退させられなかった、10?50?mSvを受け取りました。
1年当たり20?mSvより下の事故から、だがより長期的なの中で公の接触を維持する、政府目的、居住者が受け取るように、それは地域を浄化したい、わずか、事故からの1年当たり1?mSv。
WHOの計算は、プラントの近くで暮らしている人々の間でさえ日本人科学者(それらは1?15-mSv範囲で、あるいはその範囲以下に民間の服用量を見つけた)によって行なわれたいくつかの健康調査と一致しています。
気に掛かる1つの例外は、甲状腺癌の彼らの危険を高めて、100?200?mSvの推定された甲状腺線量を受け取るために、十分なヨウ素131にNamie町の幼児がさらされたかもしれないということです。
しかし、地域の1,080人の子どもから集められたデータは、どれも50?mSvより大きな甲状腺線量を受け取っていないことを知りました。
チェルノブイリの子どもの中の主な癌遺産は甲状腺癌でした。

恐ろしく腹を立てています。
含まれていた多くの人口は、たとえ個々の民間人への危険が小さくても、公の中の放射線誘発癌の最終的な数が実際に労働者中によりも高くなることを意味するかもしれない、とデビッド・ブレナー(ニューヨーク市のコロンビア大学の放射線技師)が言います。
しかし、彼は、直接のリンクが常に決定的に作られるかどうか疑います。
正常な状況の下では、「皆の40%は癌を得るだろう」、と彼が言います。
「私に増加した危険を見る疫学の研究を行うことは可能であるように見えません。」
それにもかかわらず、それらが誤解していない人口を再保証する研究を行なうことは価値のあるかもしれないと彼は付け加えます。
はるかに大きな健康の危険は、地震、津波および核災害によって作成された精神的ストレスから来るかもしれません。
チェルノブイリの後に、イーヴリンBromet(ニューヨーク州立大学(ストーニー・ブルック)の精神医学の疫学者)によれば、避難民は、人口より外傷後ストレス障害(PTSD)を全体として経験する可能性がありそうでした。
危険は福島でさらに大きいかもしれません。
「私は、このようなPTSDアンケートを見たことがありません」と彼女が福島医科大学によって行なわれている調査について言います。
人々はそうです「完全に恐ろしく、深く腹を立てた。
それらが情報のためにいくらかもっと信頼する人は誰もいません。」
全体として、その報告書は事故直後に日本政府のアクションに信用を貸します。
山下((1つのローカルの健康調査を率いている福島医科大学の研究者))俊一は、発見物が事故の犠牲者中のストレスを減らすのを支援することを望みます。
しかし、それらは政府と地元住民の間の信頼を再建するのには十分ではないかもしれません。
Tatsuhiko児玉(東京大学および政府の率直な批評家のアイソトープ・センターのヘッド)は、報告書の価値を疑います。
「私は、国際組織は彼らが何がローカルに起こっているか確かめることを可能にしない、ジャパンへの非常に短い訪問に急速な報告書を基づかせることをやめるべきであると思います」と彼が言います。
UNSCEARのおよそ70人の科学者の運営委員会はまだ最終報告が完成する前にするのがたくさんあります。
委員は、事故、および環境の中へのリアクターからのradio?isotopesのフローのモデルの研究からのデータのソースを独立して有効にし続けるでしょう。
労働者にとって、より「個々の医学のフォローアップは統計フォローアップより重要です」とワイスが言います。
「人々は、私たちが言うことが真実かどうか知りたい。」

















浅田ますみ県議が県議会質問







百人斬り授業



法令違反の可能性






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

amotoyamatotakeをフォローしましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamatotake

Author:yamatotake
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア

【中国新幹線】 中国版新幹線の事故後処理映像。
【在特会】支那への修学旅行はやめるべき【設立街宣】
長崎県教委へ怒りの電凸
【在特会】百人斬り授業への怒りの鉄橋街宣...
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。